【裏技】海外旅行保険・クレジットカードの利用付帯を激安で利用する方法、JR一区間だけの利用で150円でOK、ベトナム旅行で実際利用した話

Twitterで緊急案件など更新してます、フォローして頂ければ嬉しいですす。

海外旅行に行くなら必ず保険は入っていた方が無難です、なぜなら海外で病院のお世話になる事があれば治療費が激高ですし、盗難などの危険性もあります

しかしながら海外旅行保険などを単体で入ろうとするとなかなか高い

 

以前まではクレジットカードの海外旅行保険自動付帯されるカードを保険替わりに使ってましたが、クレカ側の改悪により自動付帯から利用付帯へ、、、最近どのクレジットカード会社もこの流れ

カードの自動付帯と利用付帯

  • 自動付帯:カードを持っているだけで補償が受けられます。
  • 利用付帯:旅行代金の支払いなど、特定の条件を満たした際適用されます。

たとえば、利用付帯保険は、旅行に行く際の飛行機のチケット代金やツアー代金を、当該クレジットカードで支払った場合に適用されます。

自動付帯は、旅行のために日本を出国した日に自動的に適用が開始されます。利用付帯は、カードによって適用条件を満たした上で旅行のために日本を出国する必要があります。

   

今回ベトナムダナンに行くので海外旅行保険を適用させようと思い、保険会社で見積もりを出してもらいましたが、今まで無料で済んでた事を考えるとちょっと痛い

三井住友海上保険の海外旅行保険だと以下の様な感じ、今回ベトナム・ダナン旅行の見積もりを出すと2590円でした

 

マリオットアメックスで利用付帯の条件を激安で適用させる方法、150円でOK

クレジットカードの利用付帯の条件を満たして、海外旅行保険を付与させる事にしました

保証内容は以下の通り、十分です

そして保証を適用させるためには「利用付帯」の条件を満たさなければなりません、条件は以下アメックスHPからの引用

<海外旅行の場合>

  • ①旅行前に日本国内にてカード決済された、日本出入国のために時刻表に基づいて運航される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金
  • ②日本国内でのカード決済がない場合、出国後に海外で時刻表に基づいて運行される公共交通乗用具のチケットの料金

具体例は以下の通り

飛行機や海外ツアー料金はもちろんですが、空港へ移動する電車やバスの料金でも対象になります

一方で自家用車やレンタカーなど車の移動や、航空券の発券手数料、座席指定手数料、空港利用税などでは対象にならないので注意してください。

特典航空券の場合は、燃油サーチャージの料金の支払いをカードで行っていれば対象です、ただし空港使用料などの支払いは対象外なので気をつけましょう

電車代などが適用範囲内、そして当日空港に向かうまでのJR切符などがあれば適用されます

たとえ一区間150円であってもOKです(カード会社確認済み)

 

マリオットアメックスは旅行などする人には本当に強いカード、年会費は高めですが無料宿泊やポイントの貯まりやすさで確実に元は取れます、参考記事は以下です、現在キャンペーンはやってませんが、理想はキャンペーン実施時に入会がお得

 

今回のベトナム旅行は210円で保険適用

今回のベトナム・ダナン旅行では、ANAマイル(サーチャージ無)、ホテルはマリオットポイントで予約

そして成田空港までは自家用車での移動なので、利用付帯の条件を満たすものがありません

 

そこで利用付帯の「電車・バス」の条件を一区間だけ購入して満たす事にしました(実際には乗車しません)

みどりの窓口なら、日付指定の切符が購入出来ます

  

今回は新宿駅を利用、新宿から東京駅まで210円をマリオットアメックスカードで購入しました

これで利用付帯の保険が発動します、アメックスだけでなく、利用付帯の他のカードでも大体同じです

みどりの窓口があれば、どこでもクレジットカードで決済出来ます、是非利用してみて下さい

複数カードを適用させたいなら、別のカードでも同じ処理をすればOK

 

ちょっと面倒になりましたが、空港などで海外旅行保険を払うよりましです

クレジットカードを持ってる人なら、一つくらいは利用付帯の海外旅行保険がついてるものがあると思いますので、是非参考にしてみて下さい

 

お得情報や最新MNP情報はTwitterでも配信してます、フォローをよろしくお願いします

Twitterをフォロー←クリック