【1円スマホ規制?】総務省のスマホ割引規制上限2万円→4万円に、12月27日施行へ

2023年12月1日

Twitterで緊急案件など更新してます、フォローして頂ければ嬉しいですす。

2023年12月27日~電気通信事業法施行規則が改正されます

内容は料金プランとセットで販売されるスマートフォン端末の割引規制は、現在2万円までとなってますが、改正後は原則として4万円までになります、本命は端末単体値引き分で、そちらも44000円までの割引規制が入ります

1円販売のからくりは、例えば10万円のスマホなら7万7999円端末単体値引きを行い、そこからセット割り割引22,000円で一括1円といっいた具合です

  

そもそもスマホの価格が代理店で自由に決められるようになってから有名無実化してましたが、今回はここにメスを入れたいのでは?と推測されます

現状は大っぴらにゴール(店頭小売価格)を自由に設定できる状態にありましたが、値引き額までこの規制が及ぶとなると厳しくなります

但し、今回のこの改正で44,000円までの値引きがしやすくなったのは事実です

そしてかなり抜け道もありそうな予感(笑)

現実ここ10年くらいは「もうMNPで〇〇は終わった…」なんて話が毎年出ますが、結局終わった事はありません

  

現在2022年度総出荷台数は、3193.3万台(前年度比12.8%減)で、スマートフォンが2985.1万台(11.8%減)

2023年度は円安とスマホ価格高騰により、更に落ち込む予想がされてます

 

但しミドルレンジまでのユーザーはかなり安くなるので買いやすい、但しあくまでも「MNP(乗り換え)によるセット販売」が一番恩恵を受ける形になるのは明白で、一つの通信会社でずっと機種変更で使い続けている人は全く恩恵を受けない

主回線はそのままとっておいて、サブ回線回し常に最新スマホを安くゲットする方法がオススメです

規制緩和は12月27日~、年末年始、年度末と一年で一番スマホが安くお得に購入出来る期間です、是非準備しておきましょう

MNP用の回線は、現在以下の回線がオススメです

その他お得情報や最新MNP情報はTwitterでも配信してます、フォローをよろしくお願いします

Twitterをフォロー←クリック