【大改悪】Evernoteの無料プランで作れるノートブック数が250から1、ノート数は10万から50に激減、対応策・移行先

Twitterで緊急案件など更新してます、フォローして頂ければ嬉しいですす。

クラウドタイプの情報管理ツールで、テキストや画像、PDF、音声など、さまざまなデジタルデータを保存できるEvernote

ちょっとしたメモ、仕事関係、カード情報、パス系の保存は全てEvernoteで行ってます

忘れたくない情報を適当にぶち込んで、スマホでもPCでも見れる環境にしたいだけです

今も無料で使ってますが、今回困った事に大改悪

改悪内容は以下、なかなか鬼畜

旧制限値12/4以降
ノート保存数10万最大50
ノートブック最大2501個

アカウントとしての上限数であり、1か月ごとの制限ではない。

但し、既に制限数を越えている無料ユーザーの既存ノートや既存ノートブックについては、引き続き、表示、閲覧、編集、エクスポート、共有、削除などは可能。

まぁ不幸中の幸い

  

順次対応となってますが、僕のアカウントも既に適用

 

つい先日料金を1.5倍に値上げしたばかり、今後どんどん値上げする可能性あり、プロフェッショナルは年間9300円、、、高すぎる

当然課金するつもりも無い、なので以下の対応が迫られる

・移行先をどこにするか?

・Evernoteからのエクスポート問題

・今後のEvernoteの問題

 

Evernoteからの移行先をどうするか?

移行先はNotionOneNoteなど色々ありますが、使い方がただ忘れたくないメモを入れたり、アイデアを入れたりするだけのもの、体系化してデータベース化するなんて事はしない

とすると、将来的に改悪の可能性が少なく、無料で使えるものとしてGoogleKEEPが最有力

使い方は超簡単な上にGoogleOneのデータ量に依存する、どの道Googleフォトでかなり使っていて200GBプランに契約しているので問題ない、利用料金も以下の方法で実質無料で行ける

 

GoogleKEEPはもちろん無料で使えます

>>GoogleKEEP←クリック

そしてパソコン、スマホ、タブレットとアクセスデバイスの制限がないので、とても便利

Evernoteは無料だと二台までの制限が出来てたので非常にストレスでした

 

Evernoteのエクスポート問題

現在Evernoteからのエクスポートはアプリ経由で100件づつ行うか、後は地道にコピペしかない

一括で全てのデータをエクスポートする手段がない…それを考えるとEvernoteからの移行ツールが提供されているNotionが選択肢に入るが、こういうのを選ぶとまたEvernoteの二の舞になりそうで怖い

なので、割り切ってGoogleKEEPに移行

100件づつエクスポートして、GoogleKEEPにぶち込む地道な作業を選択しました

 

今後のEvernote問題

現状改悪の状態ですが、運用として閲覧編集は可能なので、基本GoogleKEEPを使っていき、過去のデータなどはEvernoteを閲覧するという運用にしようと思いました

しかしここ近年、Evernoteの度重なる値上げ、そして改悪

こんな所にデータを預けておくのも不安で仕方ない、まだGoogleの方が100倍信用出来ます

データ移行全て行ったら、データを放置せず削除します

 

とにかく全てのデバイスから、同じデータが共有できればそれでいい、そしてそれが無料ならならよいという考えです

今回の事でEvernoteのような単体で利益を上げなくてはいけない企業などに託すとろくな事にならないと勉強になりました

Googleやマイクロソフトの様に、あくまでも本業のプラス利益もしくは機能としか見ていない所に預けた方得策かと思います

 

お得情報や最新MNP情報はTwitterでも配信してます、フォローをよろしくお願いします

Twitterをフォロー←クリック