【百名山・奥穂高岳登山】紅葉の涸沢カールで二泊三日でゆったり登山

Twitterで緊急案件など更新してます、フォローして頂ければ嬉しいですす。

2021/09/27~9/30まで、紅葉の涸沢カールと奥穂高に登山してきました

 

 

平日という事もあり、覚悟しているほどの混雑はありませんでしたが、それでもかなりの人出でした

 

日程は以下の通り

9/27(月) 一日目…さわんどパス亭まで30分のゲストハウス雷鳥に前泊

9/28(火) 二日目…上高地から涸沢カールまで(テント泊)

9/29(火) 四日目…涸沢カールから奥穂高登山、再び涸沢カールでテント泊

9/30(火) 五日目…涸沢カールから上高地へ

 

一日目 Hafhを利用しゲストハウス雷鳥に宿泊

一日目はHafhを利用し、ゲストハウス雷鳥へ、さわんどバス停までは30分ほどで移動出来ます

 

Hafhとはホテルのサブスクアプリです、お得な使い方によりほぼ無料に近い価格で利用できます、詳しい説明は以下

なんといっても貸し切り温泉が素晴らしいです、まず内風呂

 

そして最高なのが露天風呂、貸し切りで予約制ですが余裕で利用できます

 

雰囲気最高です、部屋は和室です

 

現在洋室もあるそうです、撮影させて頂きました

様々なワークステーションを準備しており、仕事するにも便利

 

更にキッチンも完備、そして簡易的な食材も用意されているので、自炊される方にもかなり便利です

 

炊飯器もあり、お米も販売しているので住めます(笑)

 

また上高地前泊の際には利用したいと思います

ゲストハウス雷鳥←クリック

 

二日目 上高地から涸沢カール

二日目は上高地バスターミナルから、上高地へ

 

上高地バスターミナルには、さわんどバス停からタクシーで行きました

 

理由は紅葉の涸沢カールでのテント泊は競争率が高いという話でした、とにかく快適なテント泊の為にはポイントが二つ

 

・景色がいい場所を取りたい

・平らなテント場をキープしたい

・レンタル出来るコンパネが先着順なので、無くなる前にキープしたい

  

タクシー料金は一台4500円、4人集まればバスと大差ない値段で上高地まで行けますので、混雑期はタクシーがおススメです

 

河童橋を横目にまだ薄暗い中登っていきました

 

横尾まではほとんど平ら行程、初めてだったのでとても楽しく歩けました

 

横尾からちょっとすると本格的な登り

 

そしてようやく念願の紅葉の涸沢カール

 

とりあえずビールとおでん頂きました、最高です

 

テント泊宿泊はかなり値上がりしており、一泊一人2000円、そしてコンパネレンタルは一日500円です

 

二人で三人用のテント(ダンロップ プロモンテVL37)を使ってるので、コンパネは二枚借りました、大正解でした

 

 

三人用のテントでも、重量は1.7kgと超軽量で気に入ってます

スマホのカメラなので上手く取れてませんが、テント場の光がとてもきれいでした

 

約8時間の行程、YMAPで一日目のゴール涸沢カールがが表示されてません涸沢までのタイムです、かなりゆっくり目に登りました

  

  

三日目 涸沢カールから奥穂高登山ピストン

三日目は、テントに大きな荷物はデボして、アタックザックで奥穂高登山

 

朝はモルゲンロート

 

 

綺麗な紅葉を見ながらの登山は最高です

 

有名なザイテングラートはかなりきつかったです

 

奥穂高山荘についた時、奥穂高山頂はガスガスでしたが下はこんなに綺麗

 

しかし山頂はガスガスで残念でした

  

登山二日目の行程は以下の通り

 

そのまま上高地まで帰り、一泊二日の手もありますが、涸沢で二泊した方が圧倒的に楽です

 

但しほとんど電波は届きません(ドコモ、ソフトバンク、au、UQ、LINEMOで試しました)

 

奥穂高山荘まで登ってくると電波はかなり通じます

 

四日目 登山三日目 涸沢カールから上高地

最終日ですが、かなり天気もよく夜も上のような写真が取れました(P30proで撮影)

 

朝もモルゲンロートがばっちり、素晴らしい景色

 

動画でどうぞ

 

下山してからの上高地の景色も素晴らしいものでした

 

登山三日目の行程は以下

 

登山行程まとめ

 

二泊三日の上高地→奥穂高の行程は以下の通り

 

今回のヤマップでの日記は以下です

 

>>楽々登山、上高地→奥穂高岳ゆっくり二泊三日←クリック

 

紅葉の涸沢カール素晴らしかったです、また来年登山したいと思います