【解決】出発済みの航空券がコロナの影響で欠航になった話

2020年5月15日

Twitterで緊急案件など更新してます、フォローして頂ければ嬉しいですす。

先日こんな旅券を発券してました、2月の札幌・大阪旅行は既に出発済み

そして成田でストップオーバーして、ソウル・台北・セブと旅行する旅券です

使ったマイルは、23000マイル、諸費用は全て込で18720円

そして今回ソウル仁川から台北の便が欠航になりました

出発前なら当然すべてのマイルが戻り、諸費用も発生してないので全て戻る対応です。

でも今回僕は既に出発済み、札幌から大阪、大阪から成田の航空券は利用済みなんですよね。

これってどうなるの?っていうのが正直な感想でしたが、問い合わせて解決しました

今回のANAの対応についての記事です

解決策① 代替便を無料で手配

今回欠航になったのが、仁川→台北

まずここを無料で変更する案を提示、差額や追加マイルは無し

以下の便を提案頂けました、これならほぼ予約した便と変わらないです

2020/05/07

成田 9:00 仁川 11:30
仁川 14:20 台北 15:50

解決策② ルートを変更

台北の旅程を飛ばす案も提示されました、マイル追加も追加金額も無し

2020/05/07

成田 13:20 仁川 15:50
仁川 21:20 翌日深夜一時 

これは正直意外でした、本来予約した旅程以外だと差額が発生するのがANAのルールです。

でも今回コロナの特別措置で変わってきてるようです

解決策③ 残りの旅券をキャンセル

こちらはどこまでマイルの負担があるのか?そして諸費用の負担はどれだけか気になる所でした

ANAの提案は

・23000マイル中、16430マイル返却 マイルの有効期限はリセット
・諸費用の18720円は全額返金

札幌→大阪→成田は搭乗済みなので、この返却マイルは予想より多かったです(少しゴネましたw)

結果

今回はコロナの収束も予想がつかない事もあって、キャンセル処理にしました

変更してどうしてもダメだったら、後程キャンセルでも良かったのですが、無料で変更が出来るのは”欠航”が出た場合のみの対応という事なので仕方なく。。

便は飛んでも14日間拘束とかになったら目も当てられないです。

コロナ早く収束して、自由に旅行に行けるようになるのを祈るばかりです。